タイトル変更・外部模試結果の備忘録

長男の高校入試も終わったので、受験・成績などの備忘録は中3までで一旦終了。
タイトルも変更しました😊






(4/29追記)
いくつかの高校受験の過去記事に、入試前には詳しく書けなかったことを加筆修正しました。



※偏差値は小数点以下切り捨てです。


Vもぎ そっくり



9月(内申5科25+4科18) 
3科74 5科76 A判定  
社>数>75>英>理>70>国>65

10月(25+18)
3科69 5科73 B判定  
社>数>75>理>70>英>65>国>60



Vもぎ 自校作成



10月(25+18) 
3科80 5科80 S判定     
80=数>理>英>75>国>社>70

11月(25+18) 
3科80 5科80 S判定  
80=数>社>英>国>75>理>70

12月(25+18) 
3科74 5科77    S判定  
社>理>75>数>70>英=理>65  

1月(25+20)  
3科79   5科76  S判定  
数>75>社>国>英>70>理>65



駿台



4月
3科74  
数>70>英>65>国>60

6月 
3科66  
数>75>国>60>英>45

8月
 
3科71  
国>70>数>65>英>60

9月     
3科72    
国>70>英>数>65

11月   
3科68  
国>数>65>英>60


早慶などの冠・難関校向け外部模試 

5月   

3科62 

国>65>数>60>英>55 

6月(冠) 

3科75 

数>70>英>65>国>60

6月     

3科75 

数>70>英>65>国>60

7月(冠) 

3科79 5科78 

数=85>社>70>英>65>理>60>国>55

9月        

3科76 

数>75>英>70>国>50 

9月(冠) 

3科81 

数>75>英>70>国>65


11月(冠)   

5科67 

数>理>65>社>60>国>英>50

1月   

3科81 5科80 

数>85>英>国>75>社>理>70




塾内模試


【中2】 ※()内偏差値は小数点以下切り捨て


7月か8月どちらか不明  英96(63) 数100(65) 国98(70)  3科294(68)

11月 
英100(64) 数88(65) 国94(71)  3科282(68)


12月
 英97(65) 数96(71) 国90(69)  3科283(69)

 

中2の他の月は見当たらず。

【中3】

4月   英94(65) 数100(64) 国98(65) 理96(68) 社92(70) 
3科292(70) 5科480(71) 

6月 英93(70) 数100(71) 国96(68) 理100(67) 社94(69)
3科289(71) 5科483(71) 

7月 英91(71) 数100(71) 国92(69) 理91(69) 社95(71)
3科283(72) 5科469(74)

8月 英98(70) 数100(72) 国81(63) 理95(72) 社90(68)
3科279(71) 5科464(73)


↑塾内模試は学診でした。
中3春までは公立の共通問題校が第一志望校だったため、春まで難関校向け模試は受けてきませんでしたが、
学診は基礎力が身についているかの確認ができ、平均点が高いため1問のケアレスミスが命とりになるということを学べた模試でした。
その後、中3春に個人受験したサピックスと駿台の結果を見て自ら志望校を自校作成校に変更し、中3夏期講習から自校作成校の対策(実際はほぼ早慶附属対策が中心だったけど)が可能な塾校舎に移動希望を出したため、学診は旧校舎で夏まで受験しました。



☆理社対策について


結論から言うと、秋以降の理社対策は、1月受験校の3年分の過去問と学校の定期テスト対策くらいしか余裕がなくて満足にできなかったそう。

夏の校舎移動前の塾面談では「公立理社の入試対策は、併願校の入試後に集中してやります」なんて言われていましたが、実際は塾で公立入試直前に理社対策を集中してやることはなく、
併願校入試の後は、塾講師の指示で各自で進学指導重点校の3科目の過去問を解くことが中心だったようです。

秋以降は英数国の塾課題だけで毎日がいっぱいいっぱいだった長男の場合、塾長の面談の話を鵜呑みにせず、夏の間に公立理社対策(教科書・メキメキ・学校ワークを使用した簡単な先取りをしてからの入試過去問9年分)を家庭内で済ませておいて本当に大正解。

中1~中3の夏までは、学校の定期テスト対策で理社に一番力を入れていたことと、長期休みごとに定期テストの復習の繰り返しをしていましたが、
長男曰く、これはこれできつかったけれど、おかげで秋以降に特別な理社の入試対策はしなくても本番含めて足を引っ張られずにすんだそうです。

ちなみに苦手分野を強化しようと一応購入していた理社の分野別過去問は、ほとんど使用することはありませんでした。