志望校に向かって☆高校受験

3学年差兄妹の日常備忘録

中3長男 きっかけ?

学校の進路希望調査に新たな公立志望校と、以前から変更のない併願校ABを書いて提出した長男。

後日、クラスを受け持っていない学年のある教科の先生と廊下ですれ違ったとき、

「〇〇(長男~。☆は受験しないの?」と突然聞かれたそう。

驚いたことにその先生、長男がその時書いた志望校・併願校ABと全ての学校を把握していたそうで、さらにいきなり難関校の☆高は受けないのか聞いてきたそうです。

帰宅してから、「A先生、担任受け持ってないのに、俺が進路希望調査に書いた学校全部知ってたんだけど!」と驚いていました。


ちなみにその先生は主任でも進路指導の先生でもありません。
クラスを受け持っていなくても、学年の教科の先生方は生徒全員の進路希望調査書の情報を共有してるのですかね。。。


その後、約1か月が経過。

あの時、A先生に受験しないの?って興味本位で聞かれたことがきっかけとなったのか?

元々意識していた学校なのか?

単純な長男、その学校が新たな併願校候補になりました。