志望校に向かって☆高校受験

3学年差兄妹の日常備忘録

主婦でも出来た☆抵当権抹消手続き

高校入試に向けて、小学生時代から先取学習で準備をしてきた我が家ですが、教育費に対しても長男が高校入試を迎える2021年以降、3学年差の子供たちにWでかかる教育費で家計が困らないよう準備をしてきました。

幼少期から高校入試までは教育費をかけすぎない・適度な投資・徹底した固定費削減と先取り貯金を心掛け、身の丈にあった生活をおくってきたと思います。

とくに2020年は、家計の大きな整理ができた年。
35年住宅ローンの完済や車の売却などなど。私もiDeCo加入したり。
今後は老後資金のことも考えつつ、コツコツ貯めていきたいと思います😊

住宅ローン完済後は、住宅から抵当権を消すために抵当権抹消登記手続きをする必要があるのですが、銀行に抹消手続きを任せると割と手数料がかかると聞いたので自分でやりました。

【抵当権抹消手続きの手順】

①金融機関から郵送されてくる書類を受け取る。


②法務局HPから抵当権抹消手続きの書式をダウンロードして印刷する。


私は記載例と一緒にダウンロードし、登記申請書にわかる範囲だけ記入しておきました。

③対象不動産がある地域を管轄する法務局に抵当権抹消手続きの相談予約の電話をいれる。(相談時間は1人30分枠。)


④印鑑と添付書類を持参して法務局に行き、申請書を相談担当者と一緒に作成する。
登記免許税分の¥1,000の収入印紙を法務局で購入し、窓口に申請書とともに提出する。

主人の代理で行ったので、印鑑は主人と自分のを2本持参しました。結果、記入ミスの訂正の際、別々の印鑑は必要でした。

⑤申請した日には登記は完了はせず、法務局で書類の審査が行われ、不備があれば電話がかかってくる。問題がなければ指定された日にち以降に登記完了証をとりにいく。

約1週間後、主人の代理で受け取りに行き、無事完了しました。
所要時間は1回目は30分、2回目は5分程かかったと思います。