志望校に向かって☆高校受験

3学年差兄妹の日常備忘録

我が子のための備忘録

先日、主人が職場の方から、塾なしで公立中→公立高校→最難関国立大学に現役合格し、19歳で起業した青年を紹介されたそう。

普段は教育や受験に対して全く関心を持たない主人ですが、あまりにその青年の仕事に対する考え方が魅力的だったらしく、どんな勉強習慣だったのかを少しだけ聞いてみたようです。

その素晴らしい頭脳をもった青年曰く、子供の学習能力が高いかどうかは遺伝ではなく環境だとのこと。

  • 家庭学習の習慣は小学生からつけるべき。中学生になってからいきなり学習習慣をつけようとするのは、本人にものすごい負担がかかるそう。
  • 子どもが中学生以上なら、親が子供の学習に過干渉にならず、スケジュールもカリキュラムも自分で作らせた方がよい。
  • 復習がとにかく大事。ワークは必ず3周まわす。
  • 授業の時に復習を兼ねて聞くために、1年だけ早く先取りをするのがベスト。


彼は、入試に向けた勉強は、その学校に一番で入るつもりで勉強していたそう。
そうすれば、入学後どんな状況でも上位にいられるからですって。素晴らしいですね。

長男も受験期には意識がかわってくるのしら?
いつまでたってもニヤニヤしながら面白動画見ていそう~💦心配です。