志望校に向かって☆高校受験

3学年差兄妹の日常備忘録

中2長男 やるきスイッチ

相変わらず空いた時間は、ゲーム・ユーチューブ・プログラミングばかりの長男。

家の中ではイヤホンぶら下げて、LINEで送られてきたおもしろ動画を見ながら歩く始末。
さすがにスマホ片手に歯磨きしている姿を見た時は「そんなんで綺麗に磨けるわけないでしょー」とブチ切れましたが・・・。

注意しなきゃいつまでも動画を見続けるし、プログラミングは妙に完成度が高いから、(やりすぎるなとも言えず)腹がたつ。
来年の受験まであっという間の1年だと思うから、早い段階で自覚して欲しい・・・。

そんなことを日々感じている中、これがきっかけになればと期待して、長男の第一志望校の説明会に行ってきました。

文武両道を重んじ、部活・行事と忙しい中、課題やテストが多いので入学後もかなり大変そうです。
入学出来たなら、この学校でも運動部と理系文化部の兼部を希望していた長男ですが、よっぽど頑張らない限り、下位層まっしぐらの予感がします。

私が想像していたより自由度が低そうな学校でしたが、長男は益々入りたいと思ったらしいので、

「今日からやるきスイッチオンだね。」とすかさず母。
「何言ってんの?おれは常にスイッチオンだから」と長男はドヤ。

・・・本当に気合入れないとまずいからー‼

本気でこの学校に入りたいと思うなら、これから1年は今の内申点を最低でも維持しつつ、ケアレスミスをなくして、理社も9割得点を目指せるようにしなければ。