先取り学習で高校受験

運動部と両立しながら公立上位校を目指す 長男の家庭学習や日常雑記。

楽天モバイルで通信費節約②18歳以下の子供が楽天モバイルを契約する方法

こんにちは のんたです。

前回、「2,980円が1年間無料」のキャンペーンにひかれ、ついに未成年の子供2人含む家族4人で楽天モバイルの「UN-LIMIT」に変更することを書きましたが、その続きです。

楽天「UN-LIMIT」の1年間無料キャンペーンを家族4人が全員適用するには、それぞれ4人が楽天IDを取得し、ひとり1回線ずつ契約することでキャンペーンが適用されるので、未成年でも楽天モバイルを契約する方法について書いておきます😀


未成年でも楽天モバイルを契約する方法


未成年(18歳以下)の名義で楽天モバイルを契約する場合は、店頭で申し込みをする必要があります。その場合、保護者と子供同伴が必須になります。


※Webからでも保護者名義で契約し、未成年である子供が楽天モバイルを使用することもできますが、その場合、1年間無料キャンペーンが適用されるのは、親の回線のみとなります。



今回、親は楽天スーパーホーダイSからの移行、子供たちは新規で契約です。

楽天モバイルショップ来店前事前準備として・・・

①来店予約をWebからする。(待たされるのがいやな場合)

②私のように「UN-LIMIT」に移行の場合は、my楽天モバイル→契約プラン→MNP番号発行で、予約番号をあらかじめ取得しておく。

②新規契約の子供の楽天IDを用意しておく


→楽天市場のサイトから新規会員登録→子供の名前・生年月日・住所・電話番号(固定電話または親の携帯番号)・メールアドレスを登録すると未成年でも楽天IDを作ることができます。メールアドレスはGメール登録できました。

③保護者の身分証明プラス子供の身分証明を用意しておく

本人確認書類 | お客様サポート | 楽天モバイル


未成年者(18歳以下)の名義で手続きするにあたって必要な身分証明は、プラスチック製の子供のマイナンバーカード(紙製の通知カードでは無効)または子供の保険証プラス親子関係を証明する為に子供人数分の住民票(住民票1枚でこども2人を証明すること不可と店員さんに言われましたが、実際カメラで撮影するだけなので、1枚で十分だと思いました・・)が必要でした。

我が家は、子供の身分証は紙製の通知カードと保険証しか持参していかなかったため手続きができず、40分かけて家に再度戻り、コンビニで住民票を取得するはめになりました😅


このように、上記の方法で、未成年の子供でも楽天モバイルは申し込むことが出来ました♪


ただし、利用者が未成年(18歳以下)名義の場合、月額300円の「あんしんコントロールby iフィルター」のオプション契約に入る必要があります。
(保護者名義で契約し、未成年者が使用する場合は必要な場合オプションでつけます)


iフィルターは端末の利用時間の設定や子供の年齢にあったフィルタリングができるアプリになりますが、うちのように保護者が利用状況を把握できてる場合は月額300円は少し微妙なところです。

長くなってしまったので、次回はこの「あんしんコントロールby iフィルター」について解約できるのかどうかなど書きたいと思います😀