先取り学習で高校受験

3学年差兄妹の日常備忘録

中2長男 初めて塾の定期テスト対策授業に参加してみて

塾の「定期テスト対策授業」に初めて参加した長男。

学校ごとにわかれ、先生がテスト範囲(5科)の復習を講義した後、塾の学校準拠の問題集などを解くというのが授業内容だったそうです。

塾なしでテスト対策をしていた時より演習量が増えたというのがメリットでしょうか。

全科目、満点を目指して定期テスト対策をしている長男にとっては、演習量を増やすことによって自分で満足していた以外の穴が見つかったようで勉強意欲はあがったようです。

定期テスト対策は①授業をよく聞く②出題傾向を読み解く③アウトプットを増やすことが大事だと思っていますが、満点をとるための今後の課題は、問題数が多く見直す時間が足りない理・社のケアアレスミスゼロ・さらに趣味問題を出す理・社・数の先生の問題が解けるかどうかも大きいです。(お手上げな場合は部分点を狙って点数を稼ぐようです💦)

長男のタイプだと同じワークを繰り返すのは多くて2回まで、それより色んな問題集で演習量を増やすほうが良いこともわかったので、参考になりました。