先取り学習で高校受験

運動部と両立しながら公立上位校を目指す 長男の家庭学習や日常雑記。

中2長男 英検 S-CBTの準2級試験日まであと3週間をきりました。

こんにちは のんたです。

期末テストのすぐ後に予定されている「英検2020 1Day S-CB」の試験日も3週間をきりました。

「英検2020 1Day S-CBT」とは、大学入試英語成績提供システムで利用することを想定し開発された技能試験で、従来英検と実地方式は違うものの問題形式・難易度・級認定は全て同じです。受験会場も多く、47都道府県で受験が可能です。

我が家が選んだ理由として、年3回実施しかない従来の英検と比べ、S-CBTは毎週原則土日開催されていて実施回数が多く、1日で4技能全ての試験を受験できること。また全てコンピュータで入力する英検CBTと違って、リーディング・リスニング・ライティングを解答用紙にマークまたは記述を手書きで行うことができるので、PC操作に心配がないよう英検S-CBTを選択しました。

検定料は従来の英検準二級が¥6,900、S-CBTは¥6,400で少しだけ安価になります。


今日は珍しく帰宅後の友人とのオンラインゲームを断ってきたようで、S-CBTの公式ホームページで技能試験の操作方法をビデオで確認した後、スタディギアで2017年第二回の過去問を解きました。

ライティングは含まれていませんが、筆記試験37/35、リスニング試験は30/30、総合得点は67/65(合格点41)なので少しほっとできたようです。

英検ネットドリルを使って勉強を始めてから6か月が経過し、先月から無料のスタディギアに変更し英検対策をしていますが、今日からライティングと二次試験対策に集中するそうです。期末テストの勉強と上手く両立して頑張って欲しいです。


中2で準2級取得を目指し、受かるまで挑戦したいと思います😊


www.eiken.or.jp



過去問はネットドリルで週3~4回ほど勉強。↓↓




6月から最終確認として無料版を週3~4回ほど使用。↓↓

www.ei-navi.jp