志望校に向かって☆高校受験

3学年差兄妹の日常備忘録

内申点をあげるために頑張っていること(追記あり)

我が家の長男は公立高校を第一志望としているので、中学入学時点から内申点をあげることの大切さを話しています。

定期テスト以外に内申点UPのために長男が頑張っていることは・・・

  • 提出物は絶対提出期限を守ること。副教科の授業中の作品は居残り作業がないようにする。
  • 授業中の発言は間違っていても構わないので積極的に発言すること。
  • 質問がある時は、なるべく行くようにしている。

私からは提出物の字を丁寧に書いて欲しいと常々声掛けしていますが、これに関しては一向に直りません。

5教科に関しては定期テストや小テストで高得点をとりオール5を目指し、副教科に関しては、技術的なことはどうにもならないので、定期テストで高得点をとり、レポートはA+をとるように仕上げ、4と5半々以上を目指しています。

上記の内申点をあげるために頑張った結果、1学期の内申点は5科はオール5、副教科はオール5ではありませんでしたが、なかなか良い結果となりました。



【2021.4.4追記☆新中3長男が内申点を上げるために実行していること】

 

5科

☆積極的に挙手する機会がなかったり、挙手が苦手であれば、うなずいたり、先生の話をよく聞いているように見せることが大事。

 

☆オール5をとるために定期テストで90点以上は必ずとり、すべての小テストで満点をとるようにする。

 

☆提出物は期限内に提出することはもちろんのこと、ワークなら採点や記入漏れがないかをチェックしてから提出し、レポート類は、A評価がとれるように細かくぎっしりと書いています。イラストも丁寧に書く。

 

ただ、それだけ頑張っていても、授業中発言する機会がない数学で一度、関心・意欲の評価が下がり4になってしまったことがありました。

 その時は、応用問題を質問しに行ったり、学校ワークのコピーも一緒に提出して2回やったことをアピールしたり、長期休みの際の提出自由の課題は必ず出すなど、評価が戻るまで続けていました。

 

副教科

 

 

☆副教科の中には、定期テストで95点以上や満点をとっても、5をとるのが難しい科目もあると思いますが、必ず4以上をとるために、提出物は丁寧に期限内に仕上げ、レポートはA+がとれるよう、小さな字でぎっしりと書く。

 

それでも副教科の評価が上がらないときは、先生に直接評価が上がるアドバイスを聞きにいき、アドバイスどおりに実行しています。絶対にそれで評価が上がるわけではありませんが、一度4から3に下がってしまった時に聞きに行った時は、次の学期で4に戻りました。



以上、中1から長男が頑張り続けている内申点UP(維持)のポイントでした😊