志望校に向かって☆高校受験

3学年差兄妹の日常備忘録

歴史の勉強法

今回は、最近 長男が実行している「歴史」の勉強法をご紹介します。


  •  実力メキメキ合格ノート〔授業で習っている地理・歴史〕を週3回4頁ずつ読む
  • 学校のテスト前の課題提出に「ノートまとめ」があるため、授業がある日は復習をかねてノートを作成する。 週4回

  • スタディサプリの「社会」(地理・歴史)の講座を授業の予習として週1回視聴。

 
最近では、週1回視聴しているスタディサプリの「歴史」の講座の補足として、「学習まんが日本の歴史」でスタディサプリ歴史授業内容をまんがのストーリーで再確認するというやり方をしています。

「この方法だと、スタディサプリのテキストの説明がわかりやすくなったし、日本の歴史の出張解説という文字(コラム)を流し読みしなくなった。授業の内容も頭に入りやすい」とのこと。

この学習まんが「日本の歴史」は、この先大学受験の歴史の勉強でも役に立ちますし、スタディサプリの授業も相乗効果で頭に入ってくれるのなら、長男にとっては良い買い物だったと思います。


ちなみに、この「日本の歴史」は、私が見た「ビリギャル」という映画の中で、偏差値30の主人公が、この「日本の歴史」を読み込んで慶応大学に受かった!!という場面に単純に感銘を受け、全巻シリーズを買ったものです(笑)

1万円を超える商品だったので「投資だ!!」と思って買いましたが、良い買い物でした。

最近は、下の小学生の子も読み始めました。歴史に興味を持つきっかけになればといいなーと、淡い期待を持っています😊